要注意な物件の特徴を知っておこう!?契約を避けたい物件3選

定期借家契約は借り手に不利な契約です

同じ場所に2年以上住み続けられないという特異体質な場合を除き、定期借家契約は借り手に不利な賃貸契約です。分譲マンション購入者が転勤時に一時的に賃貸に出してローン返済に充てたいなどの事情があり定期借家契約を行うケースならば、設備が充実していて暮らしやすいでしょう。しかし、普通の賃貸マンションで定期借家契約を結ぶように言われた際には、家賃も初期費用も大幅に減額交渉をしない限りは大損です。なるべくなら手を出したく無い契約ですから、素直に避けるだけで大丈夫でしょう。

サブリース物件には余程のことが無い限り手を出さない

サブリース物件の良さは、大家に一切かかわらずに済むことです。大家は不動産屋へ一括で貸している部屋を個別に不動産屋が又貸ししている契約方法がサブリース物件という事実を知らずに借りることは危険過ぎます。又貸し契約では仲介者が存在しないので、仲介手数料は存在しません。不動産屋が貸主ですから、修繕依頼からトラブル対処依頼まで全ての面倒なことは不動産屋へ言えば済むというメリットがあります。しかし、本来の持ち主は大家ですから大家が費用を負担しなければ、修繕依頼が通らないという問題が発生しかねません。サブリース物件は法律に詳しい人以外は手を出さないことが無難です。

子供の騒音は耐え難い

賃貸物件を借りる際に忘れがちなこととして、建物の材質と子供の有無です。木造や軽量鉄骨アパートでは音が良く伝わるので、小学生以下の児童が済んでいたら騒音に悩まされることは確実です。洗濯物や駐輪場の様子からある程度同じマンション内に済む人の生活スタイルが確認出来ます。子供用の自転車があった場合には、内覧を行った部屋の上下左右に存在しないことを確認する必要があるでしょう。不動産屋か把握していなければ、他の不動産屋で同じ物件を借りた方が良いです。

帯広の賃貸マンションのポイントを覚えるために、複数の物件の立地や周辺環境の良しあしなどにこだわることが肝心です。