賃貸物件の探し方に変化が訪れています!?不動産屋頼みはもう古い

不動産屋は儲け過ぎています

宅地建物取引業法には不動産屋が受け取れる仲介手数料無料は、最大で賃貸人から0.5ヶ月・賃借人から0.5ヶ月の賃料相当額を受け取れることになっています。当事者の合意があれば、特約により賃借人から最大1ヶ月分の賃料相当額を仲介手数料無料として受け取れますが、大家からは広告料という名目でADと呼ばれている費用を1.5ヶ月分程度要求している不動産屋も少なくありません。家賃の合計2.5ヶ月分が一件の賃貸借契約成約により多ければ入る計算となるので、既に不動産屋は儲け過ぎているから駅前に店を構えていられるのでしょう。

大家自らが募集を開始しています

不動産屋が利益を多く取りすぎている現状に嫌気をさして、大家自らが賃借人を募集する動きが首都圏を中心として広まっており、支持を広げています。大家との直接契約が出来る賃借人は、仲介手数料を支払う必要がなく初期費用の低減に繋がるわけです。大家から見ても高額の広告料を不動産屋へ支払う必要が無く、自ら賃借人と会って物件紹介出来るので安心して契約を結べるでしょう。問屋を省いて直販するように、賃貸契約の世界でも直接契約が広がれば、無駄な費用を減らすことが出来ます。

仲介手数料無料と広告費削減が課題に

大家が直接募集物件を掲載出来るサイトが人気を集めていることは、仲介手数料と広告料で今まで暴利を貪っていた不動産屋の考え方を一部では変更することに成功しています。仲介手数料無料を謳う不動産屋が登場しているからです。広告費については大家へ仲介手数料無料による集客を重視するためとしっかり説明して、一定額を受け取っていますが費用が明示されることで関係する全ての人にとって好ましい環境が整いつつあります。今後は、健全な経営を行っている不動産屋だけが残ることが望まれます。

札幌市東区の賃貸は札幌の賃貸の平均金額より安いし札幌中心部から比較的近いので、東区は利便性が高いエリアです。