知っておくといい!賃貸物件探しで失敗しないための3つの方法

更新料は事前にチェックしておこう!

賃貸物件で意外に多い失敗談は、更新料が高かった事です。賃貸物件の更新料の相場は、賃料の1か月分となっていますが、その更新料に事務手数料を加えて請求をしてくる不動産会社も増えてきているのが原因と考えられます。事務手数料の平均は、賃料の25%から50%となっています。更新料は戻ってこないため、多く払い過ぎて後々後悔してしまわないように、賃貸物件を探す際には必ず更新料をチェックしておくようにしましょう。

解約日も事前にチェック

一般的に解約日の通知は1か月前となっておりますが、物件によっては2か月前となる場合もありますので注意が必要です。解約日の通知が2か月前だと、タイミング次第では家賃を払うのが二重になってしまう場合もあるため、次の物件探しは非常に難しくなります。そのため賃貸物件を探す際には解約日の通知の確認をしておき、2か月前の解約の場合には退去時に費用が必要になってしまう事を十分に理解して忘れないようにしましょう。

退去時にはハウスクリー二ング代が必要になる事も!?

賃貸物件によってハウスクリーニング代は異なってきます。また中には必要ない物件もありますので、事前に確認しておきましょう。これはその物件の不動産会社によって決められる事であり、その会社によって異なってくるのです。最近では賃貸募集の図面にハウスクリーニング代が書かれている事もありますが、ほんの一部でありまだまだ記載されない物件もありますので注意が必要です。退去する際に知らなかったなんて事のないように、賃貸物件を探す際に重視しておくようにしましょう。

賃貸住宅に住む時の注意点は家賃だけでなく、敷金礼金といった諸費用を計算に入れておくことです。退去するときに追加で請求されることもあります。