お得な店舗物件選びの際のポイントはこれだ!

まずはどんなお店にしたいかイメージする

新規に出店を考える際に、最も重要だといえるのがやはりどこに出店するかではないでしょうか。立地条件のいかんが大きく売り上げを左右する事もよくある事です。たた、人通りの多い繁華街や駅前に出店すれば、大きな売り上げが約束されているわけでもありません。例えば隠れ家的なお店を演出しようとした場合は、こういった人通りの多い立地はむしろ逆効果だと言えます。出店する物件を選ぶ際には、漠然とでもどういったお店が自分の理想なのか考えておきましょう。

細かい条件を決めて物件を絞り込む

新規に出店する場合、多くの店舗物件候補の中からこれだと思う一つを選ばなくてはなりません。まずは自分なりに物件に求める条件を決めてみましょう。賃料から選ぶ方法もありますが、最初は最初にイメージした店舗になるような条件を優先して選んでみましょう。そうする事である程度の賃料の相場観がつかめてきますので、更に細かく条件を煮詰めていきましょう。最初から賃料優先で物件を選んでしまうと、選択の範囲が極端に狭くなりますので注意が必要です。

出店の初期投資全般も視野に入れてみる

新規出店を行う場合に、物件を契約する為にかかる契約費用も結構な額になると思います。ただ、それよりも費用を要するのは、もちろん物件の内装の改装費用です。こだわればこだわるほど高額になりますので、どこまで改装費用にお金をかけるのかは予算次第となります。この改装費用を極力抑えたい時には、店舗物件の中で居抜き物件がお勧めです。以前のオーナーが使っていた内装がそのまま使える物件ですので、一から改装するよりもはるかに安く改装出来るメリットがあります。

集合住宅の低層階にある店舗物件は住宅の入居者を固定客にし易い利点があります。その一方で集合住宅の造りによっては上階の生活音が店内に響くことがあるので、入居の前に必ず物件の確認を行います。